知っておきたい!ITの仕事内容と賃金の関係性

専門のスキルを活用して現場で働くITの職種と賃金の違い

コンピューターの技術の進化に伴って、年々需要が増加傾向にあるのがIT業界です。とはいえ、一口にITの仕事と言ってもいくつかの種類にわけられていて、比較的知名度の高い業種がエンジニアになります。正式にはSE(システムエンジニア)とも呼ばれるこの仕事は、その名の通りシステムの構築が主な仕事です。キャリアや能力による若干の違いはありますが、平均年収は400~500万円ほどとされています。
そのほかにも、IT業界でも比較的働きやすいと言われているのがクリエイターです。一見するとIT業界と関係はなさそうに感じるこの仕事も、CGやネットの専門のツールを用いてデザインを作るために欠かすことはできません。以前であれば専門の技術や知識が必要だったクリエイターも専用ソフトを使用することで最近ではアルバイトでも仕事ができます。気になる平均年収は300万円前後です。

IT業界の求人の探し方

IT業界ではフリーランスとして働いている人も多いですが、フリーとして働くためにはある程度の実績と経験が必要不可欠です。そのため、まずは自身が働きたい分野の業界の求人に応募することが必要になります。
IT業界は年々需要が増加傾向にあるとはいえ、どの業種においても人手が不足していることは否めません。そういった理由から、キャリアや実績がない未経験者であっても比較的採用されやすいのが特徴です。
求人は一般的な就職や転職の募集を掲載しているサイトで探すことができます。しかし、同じ業務内容でも給料や保険などの福利厚生も違えば職場の環境も異なるのが実情です。IT業界は人手が不足していることでハードワークになりがちな業界なので、これらについてしっかりと確認をして求人に応募することが大切です。